FC2ブログ
2019/02/10

なあに、と答える

1月の終わりにパートナーの病室が変わった。
反対側の窓側になったので、左右が逆転した。
移った当初は左右が変わるとここまで戸惑うかという感じだった。
まずエレベーターを降りるところから。
4階に着いて気合いを入れて体を左に向けないと、そのまま右に行ってしまう。
ようやく慣れてきた吸引も逆からなので、ぎこちなかった。
1月は4病棟の患者さんの病室移動が多かったので、
看護師さんや介護士さんも「○○さんはどこ?」とクルクルしていた。

昨年の4月終わりごろから続いている「発熱しない記録」が更新されている。
こう書くと発熱しそうでコワいが、なんとか春までこのまま安定してほしい。

今年になって、毎日目を開けるようになった。
開け方は日によってまちまちだが、病室にいる1〜2時間の間に必ず開ける。
リハビリの間ずっとぱっちり両目を開けていることもある。

足湯は、SolのスタッフK、カープ坊やの刺繍をしてくれたHさん、
理学療法士のNさんの手を借りながらひとまず週2回くらいは続けている。
パートナーの高校時代の友人や、Solaの仕事仲間も手伝ってくれる。
ありがとうございます。

ベット上に起こして10分くらい座ることはわたし1人でできるようになった。
左右逆転してよかったこと。窓側を向いて起こせるようになった。
前の病室では利き手のぐあいで、ひとりのときは廊下側を向いて起こすことがほとんどだった。

パートナーの右側に座って支えながら、右耳のそばで名前を呼ぶと、
顔を向けて目を開いて「なあに」と答えてくれる日がある。
何度も呼びかけてしまうが、答えるのはたいてい一度きり。
「なあに」は日によって「大き」かったり「中くらい」だったり「小さかった」りするが、
答えてくれる。
嬉しくて嬉しくて、同行してくれた人に「見てて見てて」と見せびらかす。

🎵 あなたと呼べば あなたと答える 山の木霊の嬉しさよ

という歌がアタマのなかでリフレインする。

🎵 あなた なんだい

人の人との関係の基本がこの歌にあったとは。
サトウ・ハチロー&古賀政男はすごい。

ぜひ「なあに」を見にきてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント