FC2ブログ
2018/11/25

「一度家に帰ろう」大作戦 始動

このところ好天が続いている。
1週間ほど前のこと。
その日も天気がよく暖かかったので、パートナーを車椅子に乗せ、
理学療法士のNさんと外に出た。
病院の前の駐車場の中に植え込みがあって、その前で日向ぼっこをしていた。
Nさんから次のような提案を受けた。
「2年が過ぎ、おそらくこれから長期戦になると思う。
院内でできるリハビリはこれ以上新しいことはなく、
新たな刺激となることも難しい。このところ病状が安定しているので、
外出で、一度家に帰ってみることを検討してみたらどうか。
家のなかだったら猫に触れることもOKなので」

名付けて「一度家に帰ろう」大作戦。
実行するには、課題がいろいろある。

1 ひとりでは無理
2 車椅子で家に入るための準備
3 吸引をおぼえる
4 車椅子への移乗(全介助)をマスターする 
5 吸引器の手配
6 看護師の手配(病棟の看護師は付き添えない)
7 移動手段の手配(介護タクシー)

まずは、課題1。
マドンナことKさんに相談。
「希望は必要」と。
作戦への参加を承諾してくれた。
しかも妹さんが看護師という最強ぶり。

つぎにドクターに相談。
病院では何はともあれドクター。
病状が安定しているので、このままの状況であれば、寒い時期を避けて、
課題をクリアすればOKと許可がおりた。
平日11時くらいに病院を出て、2時間〜3時間くらい家にいて、
15時くらいに病院に戻るのがベストとのこと。


課題4「車椅子への移乗(全介助)をマスターする」は、
そう簡単ではないと理学療法士のNさん。
病室のベットから車椅子に移って、車椅子のまま戻ってくるので、
病棟のスタッフの補助は受けられると。
それならなんとかなるか。いつかマスターできるように時間をかけて取り組もう。

パートナーがこのまま安定した病状で今冬を越して、
わたしが課題をひとつずつ焦らずクリアする。

来春を目標に「一度家に帰ろう」大作戦を開始しよう。

この作戦に力を貸してもいいと思った方、ご一報ください。

IMG_0714.jpg
待ってるよ(た助&あき恵)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです