2018/05/06

起きて並んで見る景色

パートナーは昨年11月以来、月に1度くらい熱を出す。38℃台が続くことはなく、内服または筋肉注射で熱は下がる。
いまのところ抗生剤が効いている。痰がひどいこともあまりない。
4月22日夕方から37.4℃、翌日には36℃台になり、内服は3日で終了。
その後、3日に一度くらい37℃台になるが、クーリングで下がり薬は飲んでいない。
さほど体調は崩れていないので、入浴もリハビリも続けられている。

連休まえの4月24日にようやくパートナーをわたし1人で「ベッド上に座らせていい」免許皆伝になった。
病棟の看護責任者とリハビリ担当者立ち会いのもと「ベッド上に座らせる試験」をクリア!
連休に人が来たときに起こせるようにというリハさんの配慮だ。

情けないくらい時間がかかった。
土曜日のリハビリは体調が安定していれば車椅子に乗る。
リハさんの監督下で、ベッドに起こすところと寝かせるところをわたしがやる。
多くても月に3回。すこし間があくとすぐにぎこちなくなってしまう。

気候にもよるが、車椅子で外へも行く。
今年は病院近くの七分咲きの桜を、友人2人とリハさんと一緒に見ることができた。

ベッド上に起こすことはできるのだが、体勢を保てるかが不安なため「だれかお見舞いの人がいるときに起こすように」とリハさん。連休の後半5月4日に3人、本日6日に4人!、 パートナーの友人がお見舞いに来てくれた。ありがとうございます。

4日は最初から3人の力を借りて、廊下側を向いてベッド上に5分ほど座った。

5日は起きなかったが、横になったままのリハビリ中も終わってからも目を開ける時間が長く、両目をしっかり開いていた。

本日6日。4人に見守ってもらい1人で起こし、ベッド上に支えるように並んで座った。
約8分〜10分くらいだろうか。窓側を向いて一緒に外を眺めた。
首が安定していないのでうつむきがちだけど、並んで見る景色はいい。

ベッドに戻ってからもよく目を開けていた。続けられるといい。姿勢が保てるにはどうしたらいいのか、要検討だ。

IMG_0573.jpg
病室の窓から見える景色。緑が濃くなってきた。

IMG_0563.jpg
庭に咲いたシュンラン

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント