FC2ブログ
2018/02/24

絵本を深く読む

夕日の向こうの国にいる灰島かりさま

片山健さんから『絵本を深く読む』読後雑感の葉書が届きました。

片山さんハガキ


思い出すよね。聖路加の病室で「カバーどうする?」って聞いたら「大好きな片山健さんの絵がいい」ってさらっと言ったこと。トムズボックスの土井章史さんにお願いして、土井さんが所有されている片山健さんの絵を数点お借りした。
絵をスキャンして、病室で見せたよね。すこし迷ったけど、最初にいいなといった絵に決まった。大特急で辻村益朗さんにデザインしてもらい、病室に持っていったよね。タイトル色が地味だとか、背景の色が暗いだのとあれこれ言って議論になったよね。かりんとらしいなあ。初校、再校、三校、念校と進めば進むほどアカ字が多くなる傾向があったでしょ。聞いてますか。そう、最後まであきらめない。
『絵本を深く読む』はそうならなかったから……不満かもね。

「『まどのそとのそのまたむこう』が『絵本を深く読む』中の白眉でしょう」と片山さん。
そうそう『週間読書人』に三辺律子さんが書評を書いてくれていて「もうひとつ注目すべきは、現代絵本作家の巨匠モーリス・センダックによる『まどのそとのそのまたむこう』論だろう」と。『まどのそとのそのまたむこう』論、人気あるねえ。

ほんじゃまたね。

絵本を深く読む_convert_20180224230441

灰島かり『絵本を深く読む』玉川大学出版部
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント