2018/02/03

奥会津 三島町の子どもたち

IMG_0110.jpg
三島町町民センター図書コーナー「ゆめぽけっと」内「遠藤太禅・キヨ記念文庫」にて。
三島小学校3年生〜6年生の子どもたちと。

ふくしま本の森の代表を務める遠藤由美子さんは、奥会津の三島町で日本一山奥にある出版舎・奥会津書房を営んでいる。遠藤さんのご実家は西隆寺という曹洞宗のお寺だ。ご縁あって遠藤さんのご両親のお名前を冠した「遠藤太禅・キヨ記念文庫」の選書をキラキラ読書クラブでお手伝いすることになった。ブログでも紹介した『幼い子どものための絵本100冊』に加え『キラキラ読書クラブ 子どもの本702冊ガイド』(玉川大学出版部)から600冊以上とそのほか昔話集などを選んだ。三島町役場に設置された図書コーナー「ゆめぽけっと」に「遠藤太禅・キヨ記念文庫」はある。
昨年11月にキラキラ読書クラブのメンバー2人といっしょに「遠藤太禅・キヨ記念文庫」を訪ねた。
三島小学校の校長先生、三島保育所の所長さん、三島町役場のみなさんのご厚意で、子どもたちと交流する場を設けていただくことができた。
以下が2日間のプログラム。

11月8日(水)
★三島小学校1年生と2年生
お話「ねずみじょうど」
絵本の読み聞かせ『うさぎのみみはなぜながい』
お話「かしこいモリー」
お話「メアリーさんとブラウンさん」

★三島小学校3年生〜6年生
お話「三まいの鳥の羽」
絵本の読み聞かせ『としょかんライオン』
お話「ぬか福と米福」

11月9日(木)
★三島保育所児(2歳〜6歳)
わらべうた
小さい人向け 絵本読み聞かせ『てぶくろ』
中くらいの人向け 絵本読み聞かせ『どろんこハリー』
お話「くまさんのおでかけ」
お話「世界でいちばんきれいな声」

三島町の子どもたちは、とてもよく聞いてくれた。
子どもと接する機会がめっきりなくなったわたしにとって、まさに至福の時間だった。
パートナーのことがあるので、家をあけるには周りの人の助けが必要だ。
みなのおかげで楽しい時間を過ごすことができた。

IMG_0173.jpg
三島保育所の子どもたちとわらべうた「さよならあんころもちまたきなこ」でさよなら。

先日遠藤さんからうれしい便りが届いた。

***
昨年の三島町「ゆめぽけっと」でのイベントをきっかけに、小学校の読書の時間(10分)を、時々いただけることになりました。……楽しい10分間を作りたいと考えています。
ブログに書いておられる「楽しむための読書」を目指します。
***

いま、三島町は雪景色だ。春になったらまた奥会津にでかけよう。本の企画も動きだしそう。
66A693CF-1B90-4D96-B1EE-261FEE2E12F1_convert_20180204001911.jpeg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント