2017/08/05

自らに

昨日のスタッフブログ「すきまの空」を読んで、堀口大學の詩を思い出した。
高校生のころに愛読していた。

「夕ぐれの時はよい時」 『月光とピエロ』 堀口大學

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

それは季節にかかはらぬ、

冬なれば煖炉のかたはら、

夏なれば大樹の木かげ、

それはいつも神秘に満ち、

それはいつも人の心を誘ふ、

それは人の心が、

ときに、しばしば、

静寂を愛することを

知つてゐるもののやうに、

小声にささやき、小声にかたる……

夕ぐれの時はよい時、

かぎりなくやさしいひと時。

若さににほふ人々の為めには、
それは愛撫に満ちたひと時、
それはやさしさに溢れたひと時、
それは希望でいつぱいなひと時、
また青春の夢とほく
失ひはてた人々の為めには、
それはやさしい思ひ出のひと時、
それは過ぎ去つた夢の酩酊、
それは今日の心には痛いけれど、
しかも全く忘れかねた
その上の日のなつかしい移り香。

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

夕ぐれのこの憂鬱は何所から来るのだらうか?

だれもそれを知らぬ!

(おお! だれが何を知つてゐるものか?)

それは夜とともに密度を増し、

人をより強き夢幻へとみちびく……

夕ぐれの時はよい時、

かぎりなくやさしいひと時。

夕ぐれ時、

自然は人に安息をすすめるやうだ。

風は落ち、

ものの響は絶え、

人は花の呼吸をきき得るやうな気がする、

今まで風にゆられてゐた草の葉も

たちまち静まりかへり、

小鳥は翼の間に頭をうづめる……

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。


同じく堀口大學の「自らに」 『幸福のパン種』

雨の日は 雨を愛さう。
風の日は 風を好まう。
晴れた日は 散歩をしよう。
貧しくば 心に富まう。

パートナーとの結婚の挨拶状(当然、パートナーの手作り)に、この詩を載せた。
うーん、何年ぶりかで、思い出した。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント