2017/11/05

認識の根源

パートナーの体調が上向きになってきた。

11月4日13時半病院到着。昨晩は38℃まで上がったが、朝からは36℃台に。
ベッドサイドでのリハビリ許可が出たので、理学療法士のNさんが動かしてくれた。
痰は多いが、昨日より顔色がよくなってきた。体に力が入るようになってきた。
途中でのびもした。ひととおりリハが終わるとすっきりしたようすになった。

11月5日15時病院到着。昨晩は36℃台、熱は上がらなくなった。
昨日のNさんのリハをまねてみる。足に力も戻ってきた。表情もある。
ただ、尿が自分で出しにくくなっているのが、心配。がんばれ。管をできれば入れたくない。
啓治の高校時代の友人が昼に来てくださった。

友人で児童文学作家の村中李衣さんが言ってたこと。

赤ちゃんと同じなんだと。
カープが優勝したとか灰島かりさんの本ができたと伝えると嬉しそうになる。
内容じゃなくて伝える人そのものの嬉しさを
受けとめる。分かるとか感じるではない。
わたしたちの語彙にはないのかも。
認識の根本みたいなものを、啓治はもっている。

村中李衣さんは山口在住。機会があったら『チャーシューの月』という作品を読んでもらえると嬉しい。
図書館にはあると思う。李衣さんと啓治とわたしで作った本だ。

500_.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント