FC2ブログ
2019/11/17

あーちゃんとたーちゃんは元気

2日続けて足湯メイトに恵まれた週末。
2日目のこと。
端座位で足湯をしながら、声をかける。
目はパチリと開き、足湯メイトの動きに視線をうつすことも。
「お湯熱い?」
首を横に振る。
「熱くない?」
うなずく。
「あーちゃんとたーちゃんは元気だよ」*飼い猫の名前:あき恵とた助
うなずく。
「とも、わかる?」*外猫の名前
うなずく。
しばらくしてから
「5月に家に帰ったのおぼえてる?」
ぽかんとしている。
質問が悪い。
単文がいいのか。

何かのタイミングで脳の回路がつながるときがあるのだ。
スポンサーサイト



2019/11/13

ビックリした?

あまり公にはできないんだけど。
でも……
本日、いつものようにリハビリをして端座位に。
〈あ〉
〈ベッドのリハビリモードを延長し忘れた〉
〈届かないな〉
ベッドの足側にあるリハモードのスイッチを押そうとした瞬間、
パートナーを支えていた手のバランスを崩した。
彼はスーッと、ベッドに仰向けに倒れた。
目を大きく見開いたまま。
途中から支えたので、大事には至らなかった。
再び端座位に。
「ビックリした?」
とたずねたところ、はっきり
〈うん〉とうなずいた。
ごめんね。これからは気をつけるから。
でもね。ごめん、おもしろかった。

2019/11/09

記録更新

パートナーが倒れてから11月4日で3年が過ぎた。
5月に肺炎で体調を崩したが、そのあとはほぼ安定した病院の日常生活を送っている。
このところしばらく目を開ける時間が増えた。「問いかけ」にうなずく場面も何回かあった。
日課のリハビリで手足を動かしたあとはベッドの端に足を下ろして腰掛ける(端座位)。
窓に向かって座る。足湯の助っ人がいるときは、足下に簀の子を敷いて足湯バケツを置く。
起こしたあとすぐにむせこんだり、途中でむせこみが止まらなくなることもある。
座っている時間は10分から15分くらいが多かったが、先週「25分」という記録が出た。
さらに一昨日記録が「30分」に更新された。
スマホで『深夜食堂』や『ねこねこ日本史』の動画を一緒に見ていたら、
あっという間に30分たった。
座る姿勢が前屈みにならずにすこしずつ安定してきた。
目と耳と気持ちを研ぎ澄ましていると、微かな変化に気がつく。

病院にいるパートナーとの暮らしが4年目に入って、
わたしはパートナーのこと何も知らなかったなあと、
しみじみ思う。

4日の月曜日に江東の自主夜間中学でパートナーと共に活動していた
OさんとIさんが訪ねてくれた。
うれしかった。
江東のメンバーでどうしても会わせたいヒトがいるのだが……わたしが連絡できずにいる。

IMG_0829.jpg

病院の入口に飾られている季節の花。病院では誰が生けているか知らないそうだ。
先日たまたま花瓶を変えている場面に遭遇した。
「いつも楽しみにしています」と声をかけた。